「借金生活は『劇的に、オモシロク』」1400万円という多額の借金完済に向け、節約術、考え方、副業ネタを交えながら完済までの物語を連載します。

と或る男の物語

【ゴール地点】いつまでに完済するのか

投稿日:2017年4月5日 更新日:

Pocket

男はまたノートを開く。

 

取り敢えず、先日考えた収支をベースに毎月返済を進めるが、

スポンサーリンク

順調に進んだとしても、果たして何年で完済できるのか計算してみる事にした。

返済計画

月返済21万円 × 12ヶ月 = 年間250万円

一方、返済額のうち利息は月10万円なので

月利息10万円 × 12ヶ月 = 年間120万円

差額は年間で130万円。

 

年々返済とともに利息額が減っていく事を考えても、

完済までに約10年は掛かってしまう

順調に進んだとしても、このままの計画ではあと10年借金に苦しめられる。
そして完済できたとしても、手元には何も残っていない。

親はどんどん年を取り、結婚相手もいない。

その頃には自身の健康問題や介護問題も出てくるだろう。

仕事も会社も10年後も安定した収入を保証してくれるかなど分からない。

はっきり言って、このままでは単なる延命措置にすぎないのだ。

 

それに予想外のトラブルが発生すればそれこそ絶体絶命だ。
「この計画は最低限中の最低限なんだな」

 

 

やはり、ここから収入を更に増やす方法を考えていくしかない。

 

「何とかあと5年で決着をつけたい」

 

立ち止まっている暇なんてないのだ。

男はゴール地点をもっと手前に引き寄せる事を心に誓った。

1400-336px

1400-336px

-と或る男の物語

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【株式】100万円の夢から一気に転げ落ちたお話【アキュセラ】

株の恐ろしさを肌で感じたあの日の話…

カードローン完済したら、ちゃんと解約しよう!

もう二度と借りないぞ! しまきです。 カードローン完済後の解約についてのお話です。 Contents1 カードローン完済後、解約した方がよい理由1.1 新しいローンの審査に悪影響1.2 また借りてしま …

【絶望の淵から】借金1400万円という現実

三寒四温 巷はようやく春めいてきた

【残り借金1079万円】2018年全体の振り返り

2018年を振り返る!

【残り借金1221万円】11月の振り返り

「急がば回れ」と言うことかぁ