「借金生活は『劇的に、オモシロク』」1400万円という多額の借金完済に向け、節約術、考え方、副業ネタを交えながら完済までの物語を連載します。

と或る男の物語

【ゴール地点】いつまでに完済するのか

投稿日:2017年4月5日 更新日:

Pocket

男はまたノートを開く。

 

取り敢えず、先日考えた収支をベースに毎月返済を進めるが、

スポンサーリンク

順調に進んだとしても、果たして何年で完済できるのか計算してみる事にした。

返済計画

月返済21万円 × 12ヶ月 = 年間250万円

一方、返済額のうち利息は月10万円なので

月利息10万円 × 12ヶ月 = 年間120万円

差額は年間で130万円。

 

年々返済とともに利息額が減っていく事を考えても、

完済までに約10年は掛かってしまう

順調に進んだとしても、このままの計画ではあと10年借金に苦しめられる。
そして完済できたとしても、手元には何も残っていない。

親はどんどん年を取り、結婚相手もいない。

その頃には自身の健康問題や介護問題も出てくるだろう。

仕事も会社も10年後も安定した収入を保証してくれるかなど分からない。

はっきり言って、このままでは単なる延命措置にすぎないのだ。

 

それに予想外のトラブルが発生すればそれこそ絶体絶命だ。
「この計画は最低限中の最低限なんだな」

 

 

やはり、ここから収入を更に増やす方法を考えていくしかない。

 

「何とかあと5年で決着をつけたい」

 

立ち止まっている暇なんてないのだ。

男はゴール地点をもっと手前に引き寄せる事を心に誓った。

1400-336px

1400-336px

-と或る男の物語

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【借金ラボ】引き寄せの法則で1万円(中間報告)

引き寄せの効果やいかに?!

借金により三大欲求のあり方が変わったというお話

借金は欲求さえも変えてしまうのか

【継続は力なり】100記事目までの道のり

ここが一つの節目です

【プラス側】今度は収入を増やす方法を考える①

男は考える。 「気持ちに余裕を持つ為にも、年間で考えて何とか収支トントンまで持っていきたい」

衝動買い、無駄遣いを抑える方法は?【借金とADHD】

大切なのは仕組み作り。