「借金生活は『劇的に、オモシロク』」1400万円という多額の借金完済に向け、節約術、考え方、副業ネタを交えながら完済までの物語を連載します。

と或る男の物語

【まず一歩】クレジット明細から見えるムダを削る

投稿日:2017年3月23日 更新日:

Pocket

男は、思った。

「自分は実際幾らくらいムダをしているのだろうか」

そんなマメな性格ではないので、当然ながら家計簿などつけてはいない。

しかし面倒臭がりだからこそ、なるべくカードで支払いをすませる様にしていたので、クレジットの明細で支出の内訳を確認できるのは有難かった。

男は明細を見ながら、一つずつ無駄な出費を書き出していった。

 

スポンサーリンク

現状

電子マネー 計5万円(食費だけでなくお菓子やコーヒーなども)
スポーツジム 6000円(あまり通えていない)
マッチングサイト 計2万円(これはまずい)
他有料サイト 計3000円(あれ、何これ)

上記で約8万円になった。

①電子マネー

男はストレスから、平日昼はコーヒーにお菓子、夜はおつまみにノンアルビールで発散していた。

電子マネーでは、一部食費を支払っていたので、それ以外の嗜好品にどれだけ使っていたか計算してみた。

 

1日のコーヒー購入金額(平日のみ)
20日 × 4本 × 130円 = 10400円

1日のお菓子購入金額(平日のみ)
20日 × 200円 = 4000円

1日のおつまみ&ノンアルビール購入金額
20日 × 400円 = 8000円

上記の合計
10400円 + 4000円 + 8000円 = 22400円

休日での使用も考えると3万円近く浪費していることになる。

 

②スポーツジム

男は某スポーツジムに通って体を鍛えようと考えていた。

最初の2、3年は頑張って通っていたが、ここ最近は月に1度くらいしか通えていなかった。ここは一旦解約でいいだろう。

 

③マッチングサイト

マッチングサイトは平均毎月5000円で4箇所登録。

あまり出会えないなら、キャバクラ月2で行ったほうがマシだった。

 

④その他有料サイト

男が意外に驚いたのがこれだった。

電子コミックや、ラジコプレミアム、なんで登録したかよく分からないサイトなど、数えてみると5、6個のサイトが解約されないまま毎月数百円ずつ課金されていたのだ。

たかが数百円も集まると3000円になり、それが1年で36000円も無駄に流れていっていたのだ。

 

その後

①の食費を除いても約6万円は無駄遣い。

男はその内容を見返し、改めて深いため息をついたのだった。

そしておもむろにスマホを取り出し、各種サイトの解約を進めていく。

 

オラオラオラオラぁ!

 

解約が済んだ後、男の心も少し澄んだようだった。

1400-336px

1400-336px

-と或る男の物語
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【浪費癖】無駄無駄無駄ぁ!

男はまず、目の前の事を考えた。 「まず今月の返済だ」

3年間で借金を420万円返済したお話

ここらで、一度振り返ろうか。

借金持ちこそ「ふるさと納税」を活用しよう!

年末だよ!お早めに\(^^)/  

【残り借金1221万円】11月の振り返り

「急がば回れ」と言うことかぁ  

【残り借金1149万円】2018年2月の振り返り

二度目の春は少し楽しめそう