「借金生活は『劇的に、オモシロク』」1400万円という多額の借金完済に向け、節約術、考え方、副業ネタを交えながら完済までの物語を連載します。

株式投資

株式運用、一旦仕切り直し。反省と今後の戦略。

投稿日:2017年10月24日 更新日:

Pocket

この数ヶ月の売買で感じた事を語ろう

スポンサーリンク

一旦全て損切りしました

しまきです。

毎週末にアップしていました「株式運用」記事。

今回、更新が遅くなりました。

 

理由は、先週末でカイカ、ダイトウボウ、NPCを全て売却し、現実逃避 一旦株から離れたためです。

まぁ、売却というか、損切りですね。

 

結局のところ上記3銘柄は、日経平均絶好調の恩恵を受けることもなく、先週ずるずる下がる一方だったもので、「コンチキショー!」と、耐えきれずに全売りしてしまいました( ̄▽ ̄;)

 

下手なトレード、やっちまいました。

 

入金合計11万円からスタートし、現在は9.8万円と、1.2万円の目減り。

 

一旦、仕切り直しです。

 

借金持ちが今回、株式運用して感じた事

株式の格言にこんな言葉があります。

『休むも相場』

上手く行っていない、流れに乗れないのに闇雲に損を取り替えそうと躍起になっても、更に傷口を広げるだけです。

なので全部損切りし、相場を休んでいるこのタイミングで、今回何故上手く行かなかったのかを、自分なりに検証していきます。

 

スポンサーリンク


 

種銭が少ないから低位株の分散投資。これが失敗だった。

例えば、スタートが100万円、いや50万円だったなら。

私ならポートフォリオを作って、緩やかに上昇しそうなものをNISAで買い、リスクのある短期決戦のものも少し回転させます。

買える銘柄も多いので、本当に欲しいものを厳選できるのはいいですよね。

 

一方で、今回のように10万円前後から始める場合。

買える銘柄は当然ですが限られます。

大抵は100~300円の低位株(クソ株)を細かく売買するか、700~1000円の株を1点勝負で行くしかありません。

株をやり始めた頃は、1点勝負を繰り返しては、資金を目減りさせていました。

この時は、単に感覚で売買してました。そりゃ勝てません。

 

で、これではいかんと思い、今回再開してから数ヶ月間は、低位株の分散投資を行ってきました。

 

しかし、これがなかなか増えない。

いや、買い始めて含み益が発生するものの、細かく利確してNISA枠を目減りさせるのもどうかと考え、我慢して更に含み益が膨らむのを待つんですね。

 

コツコツドカン恐怖症なのかもしれません。(コツコツドカンとは、細かい利益を確定させるも、その後に大きく損失を被り、結局含み益をぶっ飛ばしてしまうこと)

で、持ち続けたら頭打ちで下がっていくと。

同値撤退すればいいものを、売ってからまた上がっていくのが悔しくて持ち続けてマイテンしてしまうの繰り返しでした。

 

そもそも細かい利確が好きじゃない私の性格上、この低位株での分散投資はあまり向いていないと感じました。

 

種銭が少ないからこそ、一点集中すべき

資金がもっとあれば、ポートフォリオを作成して分散投資です。

ただ現状この資金と、私の性格を考えると、一点集中の方が向いているのではと感じました。

 

今回、唯一の成功例

この数ヶ月の間で、唯一成功したなと感じたトレードは、「明豊エンター」でしょうか。

 

決算発表直前、フライングで四季報が出したニュースに市場が過敏に反応。

しかし内容的にそこまで下がるか?と感じで場中でIN。

その後15時の公式発表で、時間外取引(PTS)が爆上げ。

結果1万円以上のプラスになりました。

※まぁ、その後も持ち続けていたら更に数万円上乗せ出来ていたんですけどね( ̄▽ ̄;)流石に恐くて持ちきれませんでした。

 

当然、いつも上手く行くとは限りませんが、それでも現時点で私の性格上合うのは、パニック売りのようなイレギュラーなタイミングで一点集中する事なのかなと。

 

失敗した時のダメージは小さくないものの、真綿で首を締められるようにじわじわ含み損が増えていくよりも、鈍器でガツンと殴られる方がかえって損切りしやすく、損が増えにくいと自分自身感じています。

 

急騰株の初押しを狙う

あとは、逆張りとして急騰株の初押しを狙っていく方法です。

話題になり連日高騰し、その後暴落しはじめた銘柄は監視リストに加えています。

そして毎日確認し、下げ止まりした(と思った)所で買い、上がりを待つイメージです。

 

もちろん、あまり上がらずにズルズル下がっていく場合も沢山あります。

なのでテクニカルなど更に勉強して、見極める力を高め、勝率は上げる必要がありますね。

 

いつもトレードしない、ノンホルを恐れない

株のアプリを見てると、ついつい何かしら売買したくなってしまいます。

本当に欲しいわけではないけど、何となく毎日株を触ってしまうと危険です。

 

正直、今回目減りしてしまった要因の一つとして、毎日触ってしまう癖が挙げられます

一点集中するならば、特に明確な利確と損切りポイントを決め買いを入れるべきだと考えます。

そして、これは買いたい!と思う銘柄、そして買いたい瞬間が訪れなければ買わないと決めます。

何も株を持っていないノンホルダー(ノンホル)の状態を恐れない。

 

チャンスがないか、常に目を配らせ、獲物が来たら失敗を恐れず直ぐに行動に起こす。

そして、思惑と外れたら早く撤退する。

 

今回の経験から、無駄なトレードをせず、勝負すべき所に集中することが、勝率を上げ、資金拡大に繋がると感じました。

 

今回の教訓をマイルールとして、今後きちんと遵守していく

いかがでしたか?

 

自分で整理して感じた事は、結局のところ「本当に増やす為のトレード」が出来ていなかったと。

 

本当に増やしたいなら、今後上記に挙げたルールは守っていかなければなりません。

そして、そのマイルールで上手く行かなかった時はまた立ち止まり整理、評価する。

この繰り返しです。

 

次回より、株の記事については、売買の如何を問わず、私が気になった銘柄を紹介していければと考えています。

1400-336px

1400-336px

-株式投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事