「借金生活は『劇的に、オモシロク』」1400万円という多額の借金完済に向け、節約術、考え方、副業ネタを交えながら完済までの物語を連載します。

仮想通貨

仮想通貨の暴落は買い時と考えるべきか

投稿日:

Pocket

祭りだ、祭りだ、祭りだ

スポンサーリンク

しまきです。

1/16。また仮想通貨が暴落です。

 

まぁ、ネガティブなニュースが流れたら毎度の如く敏感に反応する仮想通貨相場。

怖くなって損切りしてる人も多そうです。

 

一方で、ここが買い時だとガッツリコインを集めている人もいますよね。

今回は、暴落が買い時というのは本当なのか、考えてみましょう。

 

昨年までは暴落後は必ず値段を戻していた

昨年の中国取引所閉鎖騒動など、これまで何度もを仮想通貨の暴落騒動がありました。

 

「もうこれで仮想通貨は終わりだ」

暴落の度に、Twitterなどであちらこちらから悲鳴が聞こえてきました。

しかしその騒動の後に、徐々に価格を戻していきます。

そして年末にはチャイナショックなど無かったかのように、ビットコインの価格は夏の時点から数倍に膨れ上がりました。

この経験から、仮想通貨の相場参加者は、

「暴落時こそ買い時のチャンスだ!」

と思うようになっていったのです。

 

しかし、昨年末のピーク時から値段は完全には回復していない

昨年12月、特にボーナス直後あたりでビットコインを始めとした各仮想通貨の価格が最高潮に達しました。

これまで取引所でCMはビットフライヤーだけでしたが、年末にかけてcoin checkは出川哲朗を、zaifもお笑い芸人のかまいたちをCMに起用するようになり、世間での仮想通貨への認識が高まってきました。

 

またニュースでは、仮想通貨で億万長者になった人の特集が組まれ、これまで興味のなかった人も一攫千金を夢見て、宝くじではなく仮想通貨にお金を投入していきました。

 

しかし、12月後半からビットコインなどの価格は下落傾向に。

確定申告も見越した、利益確定のラッシュなどが大きく影響し、ボーナスを投入した人が泣きを見るハメに。

年が明けて、幾らか値段は戻してきたものの、昨年末の最高値まではいまだに回復しておりません。

そして今日また大幅な暴落か起こりました。

 

今後も暴落後は買いなのか??

今日2018.1.16の暴落は、18時頃から発生し、19時に一気にナイアガラとなりました。

しかし、その後すぐに反発しています。

 

やはり暴落は買い時と見て、コインを集めている人が多いのだと考えます。

 

さてここから、昨年末の価格まで戻すのか、更に突き抜けていくのか、それとも元気なくまたズルズルと下がってしまうのか、気になるどころですね。

 

私個人の予想としては、今年も暴落を何度かこなしながら、年末までにはまた最高値を更新すると予想しています。

まだまだ、技術的には発展途上ですし、税制なども整備が整っていません。

昨年同様とはいかないまでも、これから更に参加者が増え、インフラも強化されていく中で、草コインではなく信頼の於ける仮想通貨が多くの人に買われ、価値が更に高まっていくのでは無いかと考えます。

 

まとめ

いかがでしたか?

今日の暴落に一喜一憂している方も多いと思いますが、こんな時こそ冷静に立ち止まって、この後の戦略を練ってみてはいかがでしょうか。

 

 

1400-336px

1400-336px

-仮想通貨

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【仮想通貨】coincheckの騒動、取引所の選び方の大切さ

逆風吹き荒れる…

最速でsweatcoinを稼ぐ方法を考えてみた

しまきです。 このところ、ブログの更新をさぼって何をしていたかというと、sweatcoinの為にひたすらウォーキングしていました笑

まだまだ遅くない。仮想通貨からICOまで、ざっくり説明します。

まだ世間がよく分かっていないうちがチャンスと考える

ホリエモンも絶賛する「COMSA」について分かりやすく説明してみる

知っておいて損はないさ。    

【ビットコイン】借金持ちは「仮想通貨」に手を出すべきか?

せめて今春から参入したかった