「借金生活は『劇的に、オモシロク』」1400万円という多額の借金完済に向け、節約術、考え方、副業ネタを交えながら完済までの物語を連載します。

借金ラボ(実験)

【借金ラボ】引き寄せの法則で1万円引き寄せられるか試してみる

投稿日:2017年4月23日 更新日:

Pocket

男は果たして1万円を引き寄せる事が出来るか。

スポンサーリンク

引き寄せの法則って?

その昔、「ザ・シークレット」と呼ばれるDVDが流行った。

いわゆる「引き寄せの法則」のお話だ。

引き寄せの法則とは、”願い続けた物がやがて現実のものになる”というもの。

「そんなに楽して願いが叶ったら人生苦労はしないよ」

とお思いの方もいらっしゃるとは思うが、これが馬鹿に出来ない。

 

アスリートのイメージトレーニング

一流アスリートは、常に成功している自分を寝る前などにイメージして現実のものとする話をよく耳にするだろう。

メジャーリーガーのイチローや、サッカーの本田圭祐など、幼い頃から成功した自分を思い描き、そして夢を現実のものとしている。

 

かつては、イメージトレーニングにはオカルトなイメージが付き纏っていた印象だった。

しかし、21世紀となり科学の進歩によりイメージトレーニングの優位性が浸透するようになり、現在では一般的なトレーニングの1つとして取り入れられているのだ。

 

イメトレも「引き寄せの法則」

本題に戻るが、「願い続けたものが叶う、現実となる」イメージトレーニングは、引き寄せの法則が働いているものと考える。

人はなりたい自分を思い描き続ける事で、思考パターンや行動パターンがその「なりたい自分」に引き寄せられていくのである。

 

引き寄せの法則で1万円を引き寄せる事が出来るか

さて今回なぜ「引き寄せの法則」を取り上げたのか。

借金生活がはじまり、これまで描いていた「なりたい自分」「理想的な生活」というものを一旦脇に置いた。

「現実的な返済方法」や「いかに節約するか」に視点を合わせてこの1ヶ月を過ごした。

しかし、このままのやり方ではただ借金を返すだけの返済マシーンになってしまうと感じ、理想的な人生を取り戻す為にもう一度「引き寄せの法則」を実践してみようと考えたのだ。

 

副業で1万円を引き寄せる

借金返済のため、副業での収入源確保は必須と考え、その1つとしてこのブログを始めた。

もちろん、このブログを読んでくれた人が少しでも為になってくれたら、面白いと感じてくれたら嬉しいとの思いも持ちながら。

しかし、ただダラダラ書くだけではなく、「このブログを元に1万円を引き寄せた自分」をこれから毎日イメージしながらこの1ヶ月を過ごし、その結果がどうだったのか、また紹介できればと考えている。

 

具体的な方法

引き寄せの法則において一番重要な事は

「既にその現実を手にしている」

という臨場感を味わう事である。

 

しかもイメージはより詳細に、具体的に持つことが成功への秘訣だ。

 

今回の実験では、以下の事を試してみる。

実際に1万円入金されている画面を作成し毎日眺める

当然ながらまだ収入はないが、実際に金額が表示されている画像を作成し、「収入が発生している」という体験を先取りする。

子供の馬鹿げた発想のように思われるが、こうしたゴールのイメージを明確化する事で、行動や思考が変わり、ゴールに引き寄せられる様に目的が達成に近づいていくのである。

これを朝と晩の2回眺め、収入が発生した事の喜びをじっくり味わう。

 

その1万円を何に使うかを考える

収入が発生したらすぐに全額借金に充てたいところだが、1400万円に対して焼け石に水になりそうなので、この1万円を心のガソリンに充てたいと考えている。

例えば、「焼肉を食べに行く」「飲みに行く」「近場へ日帰り旅行に行く」など。

ただ稼ぐだけでなく、その使い道まで考える事で、より鮮明なイメージを持つ事ができより強力な引き寄せの力が働くのである。

 

既に引き寄せが始まっている

まとめになるが、まず1ヶ月「引き寄せの法則」を働かせる実験を行ってみる。

実はこの記事を書き始めてからなんと初めての収入が発生したのである。

その金額はなんと1円。

たかが1円と笑うなかれ。このブログを始めて何の動きもなかった事から収入が初めて発生したのである。

この0から1への変化は非常に大きい。

 

その後の展開について

こちらの記事で随時更新していきます。

 

 

1400-336px

1400-336px

-借金ラボ(実験)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

関連記事はありませんでした