「借金生活は『劇的に、オモシロク』」1400万円という多額の借金完済に向け、節約術、考え方、副業ネタを交えながら完済までの物語を連載します。

と或る男の物語

【絶望の淵から】借金1400万円という現実

投稿日:2017年3月21日 更新日:

Pocket

三寒四温

巷はようやく春めいてきた

スポンサーリンク

世の中は楽しい三連休

 

ただそんな連休も、春の訪れも

どうでも良くなるほど真っ暗で

絶望の淵に立つ男がひとり

 

絶望の淵から

その男はいい意味でも悪い意味でも、所謂「人がいい」タイプの人間。

人から恨まれる事は少ないが、人からいいように使われてしまう。

そんなよく居る冴えない男。

 

人畜無害で、だからこそ平穏無事に過ごしていれば良かったものを、あろうことかべらぼうな借金をこしらえてしまう。

 

その金額は1400万円

 

「数百万の借金でも悶絶してしまうのに、1400万円なんてどうしたらいいんだよ…」

 

途方に暮れ、ネットを彷徨い、夜は殆ど眠れず、ようやく寝たかと思えば、悪夢にうなされ直ぐさま目を醒ます。

 

「あぁ、これが巷でよく言われる『人生詰んだってヤツか』」

 

男は自嘲気味に呟く。

 

今まで小さいながらも数多のトラブルに見舞われた。

 

だが、今回ばかりは流石にもうダメだろう。

これ迄にない暗く冷たく鋭い絶望感が、男の心を蝕んでいくのが分かった。

「このまま、俺の人生は終わっていくのだろうか……いや」

 

いや、まだ終われない、終わる訳にはいかない!

 

男は夜明けと共に外に出て、朝の空気を力一杯吸い込んだ

 

「出来る事を探していこう。俺はまだ諦めない」

 

続く…

 

1400-336px

1400-336px

-と或る男の物語

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【残り借金1200万円】2017年の振り返り

あけましておめでとうございます\(^^)/

【継続は力なり】100記事目までの道のり

ここが一つの節目です

【胃内視鏡検査】初めて胃カメラ飲んでみた時の率直な感想だが

しまきです。 先日、胃内視鏡検査、いわゆる胃カメラを初めて体験してきました。 いつかどこかでお世話になるかもしれない胃カメラ。 今回はその体験談と感想についてお話します。 Contents1 胃がキリ …

借金と脳機能の関連性について考えてみる

逃げない

【MLM】ネットワークビジネスからの勧誘を避ける方法【マルチ商法】

Noと言える勇気