「借金生活は『劇的に、オモシロク』」1400万円という多額の借金完済に向け、節約術、考え方、副業ネタを交えながら完済までの物語を連載します。

と或る男の物語 節約

【他と比べてどうなの?】ZOZOTOWNで実際にビジネススーツを買ってみた!

投稿日:2019年1月27日 更新日:

Pocket

100万円プレゼントは当たりませんでした(ノ´∀`*)

スポンサーリンク

しまきです。

球団買収の噂や、女優さんとの交際報道、日本人初の民間人宇宙旅行、100人に100万円プレゼントなど

最近なにかと話題の尽きない、ZOZOTOWN・前澤社長。

「ZOZOTOWN、相当儲かってるんだろうな」

おそらく、そう思った方も多いはず。

とはいえ、実際にZOZOTOWNの服ってどんな感じなのか。

私、気になって、「それじゃあ」と、試しにビジネススーツを1着買ってみることにしました。

今回は、ZOZOTOWNでビジネススーツを発注してから購入し、実際に着てみるまでの流れ。

そして実際に他の紳士服量販店と比べてどう感じたかご紹介したいと思います。

ZOZO SUIT(ゾゾスーツ)をまず発注し、採寸

服、特にビジネススーツを買う場合、必ず必要サイズの採寸が必要になります。

紳士服売り場であれば、店員さんが採寸してくれますが、ZOZOTOWNの場合は趣向が変わります。

採寸には、専用のボディスーツを使用します。そう、あの「ZOZO SUIT」です( ´∀`)

実は、ちょっと面倒なのですが、まず前段階として、一度「ZOZO SUIT」を取り寄せる必要があります。

ホームページ、もしくは専用アプリから、発注する

ホームページ、もしくは専用アプリで「ZOZO SUIT」を発注しましょう。

ページをスクロールすると、0円の「ZOZO SUIT」が目に止まると思います。

これをカートに入れ、性別のほか、現在の身長や体重も合わせて入力しましょう。

これで発注を完了させると、一週間程で届きます。

「ZOZO SUIT」が届いたら採寸

さて次は、「ZOZO SUIT」が届いてから採寸までの流れです。

上半身と下半身の二枚に分かれていますので、それぞれ装着しましょう。

さてこのスーツですが、「モーションキャプチャー」のタイツのように、

スーツに点在する白い丸のポジションをスマホ等で撮影する事により、各部位のサイズを自動で測定できるようになっています。

という事で、スーツを着たらスマホを使って撮影会の始まりです。

専用アプリから、画面右下の「計測・その他」を選択します。

その後計測開始のボタンが表示されますので、先の画面に進めていきます。そうしますと、下記の撮影画面に移行します。

画面下の「次へ」で説明を読み進めたあと、撮影に入ります。

この時、なるべく明るく広めの部屋に移りましょう。

※ちなみにスマホからの距離を2~3m空けなければならないため、ワンルームの部屋だと意外にスペース確保に苦労します(;´∀`)

撮影は、アプリからの音声によって誘導されます。

ここで360度、少しずつその場で回転しながら撮影していきます。

これが地味に大変。単純に10回以上撮影をしますし、距離感や姿勢、明るさが気に食わないと、アプリの方からいちゃもん付けてきます笑

少々面倒ですが、我慢して付き合いましょう。

撮影が完了したら、先程の画像のような各測定結果が出てきます。

かなり細かいところまで測定されていて感動です(^_^)

ただ、どこまで正確かはちょっと気になるところではあります。

ビジネススーツの発注

さぁ、採寸が終わりましたらいよいよスーツの発注です。

ビジネススーツの定価は39900円です。

とはいえ、時おり半額セールを開催していますので、そのタイミングで購入出来れば約20000円。

ちなみにイオンで買うと、お値打ちスーツがセールで15000円程。

紳士服量販店だと、お手頃なスーツが店頭で30000円程、Web購入だと25000円程です。

なお、ZOZOの場合は先程細かく採寸されたデータに基づき作られたオーダーメイドスーツが届きますので、個人的には悪くないかなと感じました。

また、スーツの袖やスラックスの裾、肩幅などの微調整も可能なので、採寸からさらに細かく自分好みにカスタマイズ出来るのもいいですね(^_^)

ビジネススーツ到着、着心地

なかなか来ない、ビジネススーツ

で、ここで一つ問題点が。

ビジネススーツ発注してから、到着までになんと1~2ヶ月も掛かります(;´∀`)

やはりオーダーメイドという事で、かなり待たないといけないようです。

私も、そんなに掛かるとは思ってもいなかったので、すぐすぐ欲しかった私にとってこのリードタイムはかなりの誤算でした(´・ω・`)

とはいえ、せっかくここまで準備をしてきて発注しないのも勿体なく、結局購入する事にしました。

ようやく到着!!

実は発注したのは昨年12月上旬だったんですが、

到着したのは1月下旬でした(;´∀`)

箱がでかい!

まぁ、スーツが入ってるのでそれなりの大きさは予想していましたが、左右幅かなり広めの段ボールで届きます。

段ボールを開けると、スーツ用の袋が出てきます。

これも、青山などの袋と比べると一回りほど大きい印象。

で、肝心のビジネススーツですが、パッと見は悪くなさそう。

そこまで安っぽさは感じなかったです。

着心地はちょうどいい感じ

さて、このスーツを実際に着てみての感想なんですが、

「ちょうどいい」

というのが、率直な感想。

弛すぎず、かといって窮屈な感じもなく、いい意味でゆったりとした気持ちになれます。

ただ一つ不満点が。

スラックスの裾あげをダブルにしたのですが、なんというか中途半端に施したのか、ガバガバした感じに仕上がっていました(´・ω・`)

まとめ

ということで、今回実際にZOZOTOWNでスーツを発注してから、着心地がどうだったかまで、ご紹介しました。

個人的には、下記のような評価でした。

価格★★★★

(量販店で買うよりは安く買える)

品質★★★

(気になるところもあるが、この価格帯でのオーダーメイドスーツなら悪くない)

手間★★

(ZOZO SUITの取り寄せ、測定が面倒かな)

納期★

(スタートから2ヶ月ほど掛かったのはさすがに長い…)

手間が気にならず、気長に待てる方であれば1着試しに買ってみるのはありだと思います。

私のような借金持ちとしては、量販店よりも安く買えるZOZOTOWNのビジネススーツは、新たな選択肢としてありだと感じました!

1400-336px

1400-336px

-と或る男の物語, 節約

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【プラス側】今度は収入を増やす方法を考える①

男は考える。 「気持ちに余裕を持つ為にも、年間で考えて何とか収支トントンまで持っていきたい」 関連

【もっと費用が浮く??】東京⇄金沢間の出張で得する方法(宿泊編)

男は営業マンである。 前回は出張時の移動で交通費をお得にする方法を考えてみたが、今度は泊まりの場合にも宿泊代でお得にする方法がないか考えてみた。 関連

【費用が浮く?】東京⇄金沢間の出張で得する方法(移動編)

男は営業マンである。 県外への出張がちょくちょく発生する。 関連

【2017年5月】期間限定!無料でプレゼントが貰えるキャンペーン情報を集めてみた

少しでもお得に暮らしたい。 関連

借金1400万、それでも今日を生きている(後編)

そして、今日も生きている   関連